スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

中級者クエスト:後半 Lv40〜47 特化2&特化3

前回の日記からの続き

▽解説
●=習得/経験get 案内役のみのため省く。
 習得量は1スロット〜特化目録の場合は3スロットボーナスの場合もあり。

さて特化2〜3ですが、1と同じ要領で3匹3匹と倒していくわけです。
3匹目の数が多く、ボスとなっています。

▽流れ
特化2 Lv40〜

→佐渡金山 越後:に−ニ (舟は片道250文)
→東尋坊洞穴 越前:ろ−ニ
→浜名湖底洞穴 遠江:り−ハ

特化3 Lv46〜
→富士地下洞穴 駿河:ほ−ト
→地獄谷 相模:ち−ロ
→忍者砦 伊賀:ち−ハ

四神と違ってダンジョンの途中にクエストボスが配置されているため、
神隠しさえあれば数匹寝かせるだけで到達も可能です。でも薬改の保険は欲しいところ。

ダンジョン情報 : 【(Wiki)寄合所

▽攻略
特化1との違いは、道中の敵が「神隠し」を見破るようになり、襲われまくることと
ボスのレベルが急激に上がり、全員が同レベルでは厳しいということです。
例えばクエスト受けている5人だけのPTだと1番2番は苦戦で勝てるが、3番目が勝てない。
つまり、攻略として一番、かつ必須なのは

・Lv50代後半もしくはLv60の高レベルお手伝いさんを1〜3人入れる(火力1と盾1が安定)
・隠形薬・改(見破られない神隠し30秒:楽市で約9〜13貫)を20個ほど用意する。
 もしくは高Lv神職に手伝ってもらい、一匹ずつ寝かせて前進する。(与生気3役が必要)

ということになります。
手伝い側も「武功」が入るため、あまり断りません。募集を出せば結構手伝ってくれます。
※武功は紋所の価値上昇(上下値UP)に使われるポイントです。
 本来は合戦の前哨戦によるポイントですが、自動編成なのに人が居なくて対人戦自体が
 組まれないためクエスト攻略の手伝いが主な入手方法なっています。

逆を言えば 手伝いさえしてもらえばサクサク進めていけます。
ボス戦の攻略方法は必要なくなってしまいます。
問題は見知らぬダンジョンで道に迷うことぐらい。

ダンジョンのマップは目を通しておき、お手伝いさんに道案内してもらいましょう。
各ボスの位置は、クエスト請負の確認画面に位置情報(矢印)が載っています。

オススメのマップ情報掲載サイト
(link)【ミスってましたら駄々茶器まで


▽ポイント
・戦闘終了時に死亡しているとクエストをクリアしたことにはならない。
 蘇生(薬師)がない状態で死亡した場合は↓
・青ネームでも開幕パーティーに入っていれば、戦闘中に再度入れる。
 転生役を旗にせず高レベル盾や火力を旗にしておきます。
 残り1体にした状態で「転生約の逃亡」と「死亡徒党員の離脱」を行い、
 転生1をして生き返らせ、回復を行ったところで戦闘に再イン。残りの敵を撃破。
 という流れになります。
・ボスだけ撃破なら1丹〜2丹で特化1冊すべて回れるが、道中を倒していくと丸1日かかる。
 そのため「陰形薬・改」と攻略サイトでのマップ確認を行っておく。
・ボスを狩ったら一度本国の案内役に報告。
 特化を皆伝しないと次の特化に入れないため優先。
 習得は不要で、案内役の攻略報酬だけで皆伝可能。
 特化皆伝済みの場合は上級心得を最優先。
 習得が必要な場合はTDの自動編成(組まれないためオススメできない)か、
 廃城あたりで習得徒党を組むことをオススメ。


▽ その他の特記
・特化3のクエスト終了後

神の道標(大物主)クエストの報酬はありません。お手伝い武功もありません。
体力10万&攻撃力も高いため、撃破は大変です。
若雷を倒した後に「三輪山に行ってみては?」と案内されますが、いく必要はありません。

比叡山叢雲堂(本堂内)に入る必要はありません。報酬クエストもありません。

右京の黄泉比平坂(イザナミクエ)も必要性はありません。報酬はなく、敵も不味いです。
それならLv45〜50まではTDや陸1で上げ、特化四の入手後は
九州ザコなどをノックしてある程度Lvを上げ、特化五を入手。そして皆伝。
その後に 陸1〜陸2〜海1〜海2か空1 を攻略したほうが有意義。

JUGEMテーマ:信長の野望 Online

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL